天井にシミがあるのに、原因の分からない雨漏り、ありませんか?
雨漏りを放っておくと、住まいの内部の腐食につながりかねません。

原因について知っておくと、雨漏り補修のポイントが分かってきます!

雨漏りとは、雨天時などに建物のどこかから水滴が漏れ出し、屋内に滴り落ちてくることです。
屋根からの漏水が思い浮かびますが、実は壁や窓、サッシ、給排水管を原因とするものも。伝って滴り落ちたり、中には漏水、結露という場合もあります。

ノザワでは無料の雨漏り点検を行っていますが、ご自身でもある程度点検は可能です。

その5つのポイントをご紹介します。

水道のメーターが普段以上に回っている場合は漏水の恐れ

例年より水道料金が高い、元栓を締めているのにメーターが回っている、などの場合は漏水が疑われます。

壁内で結露している

二階に洗面所や風呂場がある場合、シーリングの劣化部分などから水が伝って壁面の内部で結露、場合によっては天井裏にたまることがあります。

屋根・ベランダにヒビや穴があいている

雨漏り診断で指摘することの多い原因です。 屋根・壁・ベランダなどに物理的な破損やクラックが入っており、そこから雨水が進入して雨漏りになるというもの。 切妻タイプの屋根の場合、頂点にあたるカバーの下から吹き込んで雨漏りになるケースも。しばらく防水関連の補修をしていない住まいは要注意です。

サッシ枠、防水シートの隙間から雨水が進入

外壁の雨漏りで多いのが防水関連の経年劣化。 シーリングのひび割れを筆頭に、リシン壁などの割れ部分から裏面の防水シートへ、防水シートが劣化して破れるなどして室内に侵入します。薪ストーブの煙突や天窓がついている場合も要注意。押し入れが異様にカビ臭くなった、などがあったら点検してみましょう。

給排水管の破損

見落とされやすいのが給排水管廻り。サッシ枠と同じように外壁と防水シートを貫通しているので、隙間があると雨水進入の原因となりかねません。

雨漏り対策はプロに相談しませんか?

ノザワでは地域密着型の屋根修理・リフォームを行っています。屋根塗装を起点に、八戸市内の雨漏りを数多く直してきました。雪国ならではの悩み事も数多く相談を受けております。
雪で破損してしまった雨樋や雪止めなども含めたご提案も。

ノザワは建築事業部のデザインエイトがあります。建築士が在籍しているので、プロの施工で屋根のメンテナンスを行うことができます。

シーリング防水工事・塗装工事で雨漏り修理ができることもあります。一度点検させていただき、どのレベルの修繕が必要なのか、お客様のご事情に合わせてプランをご提示いたします。

そういえば、どこからか水滴音がしていたな……そんな時はぜひ、梅雨・台風前に無料点検をご利用ください!

お気軽にお電話ください📞担当営業がすぐにご連絡いたします!

営業時間/8:30~17:30 定休日/第4土曜・他一部土曜・日曜・祝日
屋根塗装、外壁塗装、雨漏り補修、外装リフォーム専門店~八戸市の屋根外壁のことならノザワ~